金券ショップで優待券を購入しよう

株主優待とは、企業から株主に対して感謝の意味を込めて提供されるものです。
その内容はさまざまですが、すべてなにかしら「お得」なものであるのは間違いありません。

株主でなくても大丈夫

企業の製品や商品、割引券などが主なものですが、それらが魅力的でなければ株式を購入してもらえないことにもなりかねないからです。
特に最近は個人投資家において、株主優待を目当てに株を購入するケースが増えているのでなおさらです。
ところで、この株式優待は株を所有していない人でも手に入れて、株主と同等の優待を受けることができます。
その場合には、金券ショップなどで購入することになります。


いろいろ調べよう

飛行機に安く乗りたいと思っても、航空会社の直接予約して通常運賃で購入する人はいったいどれくらいいるでしょうか。
多くは格安チケットを手に入れたり、パッケージツアーで安いものを探したり、さらにはLCCを利用する人も増えています。
航空各社でもそれらに対抗して「早割」や「特割」といった価格の安いプランを提供していますが、これらはいろいろと制限などがあるので使い方が限られてしまうことが多いようです。
株主優待券なら、そんな制限なしに一般に航空券を買うのと同等のサービスを受けることができます。
普通運賃の半額で利用できる株主優待券ですが、金券ショップなどで購入する際にはその販売金額にも注意しましょう。
いくら普通運賃の半額で利用できるといっても、ショップで購入する際にそれ相当の金額が掛かってしまっては意味がありません。
優待券の相場をしっかりチェックしたうえで、いろいろな割引サービスと比較することをおススメします。
一般的には、遠距離のローカル路線のほうが優待割引のコストパフォーマンスは高いといえます。
また、LCCと競合する新千歳や福岡、那覇などの路線ではLCCのほうが安くなるケースもあり得ます。
単純に優待券のほうが安いだろうと思って飛びついてしまうと、却って高いこともあるので注意が必要です。

関連記事:

    None Found

≪ 前の記事: を読む